===日経新聞より===
仮想通貨交換業者のコインチェック(東京・渋谷)は5日、ネット証券大手のマネックスグループから出資を受け入れる方針を固めた。

マネックスは、経営再建を主導するため、過半の持ち分を取って経営権を握り、さらに上積みすることをめざす。

ネット証券で劣勢の同社は、仮想通貨事業をテコに反転攻勢をかける狙いだ。

出資金額は数十億円になる見通し。新株の発行規模や既存株の買い取り方、議決権の比率といった具体的な出資の方法を詰めたうえで、6日午後にも発表する。

・・・

マネックスによる出資が3日の午後1時ごろに伝わると、株価は制限値幅の上限(ストップ高水準)まで急上昇した。

5日は反動で下げたが、終値は出資が明らかになる直前に比べて10%強も高い水準にある。

先行するSBIHDの株価とはまだ乖離(かいり)があるが、市場はひとまず松本氏の賭けを起死回生の一打になる可能性があるとして好感したといえる。

参照:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29066480V00C18A4EE9000/

============

 

今回の発表により、

おそらく和田社長は

責任を取り退任する方向で

話がまとまると思います。

 

個人的には退任後、

どのようなビジネスを

仕掛けるのかが気になります。

 

少なくとも、今回の退任でも

自社の株式は保有し続ける

ようですので、その株を売却して

新たなビジネスを起こして欲しい

という思いもあります。。。。

 

 

私自身はコツコツと将来に向けた

埋蔵金を貯めて行く計画で進めてます^^

 

今のうちから将来に向けて

対策しておいたら老後も

少しは安心できますね^^